交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル交通事故専門行政書士への電話相談付き【緊急告知!示談交渉中の方へ】
まだ示談交渉中なら、販売終了前にすぐご覧下さい!
↓↓
交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル
交通事故専門行政書士への電話相談付き


慰謝料が数十万も多く貰える可能性があります!


Top >  入通院慰謝料とは? >  入通院慰謝料とは?

入通院慰謝料とは?

交通事故で怪我をすれば、自動的に入院や通院をしないと

いけなくなります


そして、この入院と通院の期間によって、

「入通院慰謝料」という名の

損害賠償を請求することが出来ます


金額は日弁連交通事故相談センター

入通院慰謝料表というものがありますので

これを基準に計算することが出来ます


入通院慰謝料表


■週何回の通院で、通院期間として認められるか?


これは、疑問に思うところだと思います

週1回行けば通院なのか?

週5回も行かなくては認められないのか?


判断に困りますよね・・・


これについては、まずこの計算式で算出しましょう

『実際に通院した日数 × 3,5倍 = 通院期間日数 ÷ 30日』

です

ちょっと分かりづらいので例を出しますね

     60日      ×  3,5  =  210日     ÷ 30日 = 7ヶ月 
(実際に通院した日数)            (通院期間日数)        (通院期間)


つまり、実際に通院した日数が60日だった場合は

通院期間は『7ヶ月』という事です


ただし、計算した日数が、あなたの総治療日数を超えている場合は

 『総治療日数』が入通院慰謝料を算出する時の日数になりますのでご注意下さい


 例えば、『総治療日数』が【6ヶ月】で、今回計算した日数が【7ヶ月】になった場合、

 入通院慰謝料を算出する時の日数は少ない方の【6ヶ月】が適用されるということです


※通院期間が空いてしまったりすると

単純にこの計算式では無くなります


※また、自賠責基準では、総通院期間と、実通院日数の×2をして

少ない方に4200円を掛けて求めます。

大概の保険会社は、こちらで提示してきます


一番の基本は

「週に2回以上」通院。

これがベストです


でも、悪くないのに無理やり通院するのは

ダメですよ。正々堂々と行きましょう


それでは領収書を見て、通院期間を割り出しましょう


割り出したら、次は『入通院慰謝料』の計算ですね


■入通院慰謝料の計算方法


入通院慰謝料の計算方法は、日弁連交通事故相談センター

入通院慰謝料表というものがありますので

これを基準に計算します


入通院慰謝料表


入院した期間通院した期間が交わるところが

請求出来る慰謝料の金額です




あなたの動かないクルマ、買い取り査定をやってみませんか?

事故車だから…とあきらめていませんか
『査定依頼』は無料です
少しでも高く買い取ってもらえますよ

(自走可能な車はこちらから)
あなたの愛車は今いくら?



         

入通院慰謝料とは?

関連エントリー

入通院慰謝料とは?




管理人おすすめサイト
このサイトはなぜ支持されるのか?
その圧倒的な人気の秘密とは??
↓↓
私が、自動車保険 を変えた理由

交通事故の示談交渉で負けないための知識 より抜粋

最近の出来事
自動車保険の更新依頼が来ました

自動車保険の満期って早いですよね・・・。1年なんてあっという間です

今日、ポストに更新の案内が来てました。無事故だったのもあって去年より1万5千円程安くなっていました

合計で8万円程です

昔は、自動車保険は高かったのですが、今は、ネットから申し込んだり、いろんな細分化特約などを組み合わせると安いので助かりますね

例えばここ
15社まとめて無料一括見積もり!

で、気づいたんですが
最近の保険っていろんな特典が付いてますね

例えば、ホテルの割引
レンタカーの割引、レジャー施設の割引からピザの割引まで・・・

株主優待みたいな感じです
という事で、今年も同じ保険会社で更新しました

保険は忘れず、
早めに更新しましょう(^^)

管理人お気に入りサイト